お役立ち情報

AirPods最強すぎww今スグ欲しくなるAirPodsレビュー

【危険】この記事を読むと今スグAirPodsが欲しくなるので危険です。

 

コタロウ
コタロウ
AirPodsって控えめに言って最高なんだけど
もう皆持ってるよね?
アン
アン
まだ持ってない人もいるみたいよ!
コタロウ
コタロウ
え。嘘じゃん。
もったいなさすぎワロタww
アン
アン
持ってない人に魅力を教えてあげて!
コタロウ
コタロウ
これは僕のAirPods自慢記事です。

 

この記事を読むとおそらくAirPods欲しくなりますので先にポチっておいても大丈夫です。(笑)

 

AirPodsの魅力は?

AirPodsの魅力はハンズフリーだったり、音質が良かったりなど様々ありますが、
一番の魅力はiPhone×AirPodsのコンビネーションだと思っています。

もちろんAirPodsの機能は充分スゴイですが、iPhoneを使いこなすことで更にAirPodsの力を引き出すことができます。

イメージとしては、iPhoneのアップデート毎にAirPodsの力が倍増されていく感じです。

 

 

AirPodsのレビュー記事書いてる人本当にAirPods使ってない説

AirPodsのレビューを書いている人の記事をよく見ますが、本当に使っているの?
と思ってしまいます。

使っていないのか、使いこなせていないのか定かではないですが、「あぁ~そこもっといい使い方あるのに!」っていう記事が多い。

コタロウ
コタロウ
本当にもったいないよね!
アン
アン
しっかり使いこなしたいわね!

 

スポンサーリンク

 

iPhoneアップデートでAirPodsが無双状態に入った件

iPhoneのアップデートでAirPodsの機能関係がアップデートされることがよくあります。

iPhoneを使いこなすことでAirPodsの性能をさらに引き出しますのでしっかりアップデートはしておきましょう。

今最新のアップデートで使える機能をまとめておきました。

 

随時追記していきます。

 

AirPodsをiPhoneと接続

iPhoneの前でAirPodsの蓋を開けるとかっこいいAirPodsの接続画面がでてきます。自動で。

iPhoneと接続前は接続ボタンがでてきて、接続後は充電残量がでてきます。

詳しくは動画の1:35あたり参照

 

AirPodsを両耳に装着した状態で音楽や動画を見ている場合に、どちらか一方のイヤホンを耳から外すと一時停止になります。

耳から外したイヤホンをもう一度装着すると再生されます。

これでiphone本体を触って、再生/一時停止をする必要が無くなりました

この機能の素晴らしいポイントは、ポケットにiPhoneを入れて音楽を聴いている場合に方耳のイヤホンを外すだけで一時停止でき、もう一度装着すると再生。

ひとりで出かけてレジなどで支払いをするときにマジで便利です。

 

iPhoneのBluetoothのつけっぱなしは充電が気になる

AirPodsを使う際に気になるのがiPhoneの充電残量ではないでしょうか?

よく、「Bluetoothのつけっぱなしは充電が減るのが早い」と言われます。
実際にBluetoothのつけっぱなしは電池が減るのが若干早いです。

 

Bluetoothの充電問題は3Dタッチで解決します。

 

アップデート後に、コントロールセンターでBluetoothの接続/未接続をきり返れるようになりました。

左が接続の状態で、右が未接続の状態です。

この機能意外と落とし穴で、右の未接続の状態でもBlurtoothはOFFになってはいません。
Bluetoothは接続中と同じ状態で電池を消費しています。

 

なので、↓の画面になるようにしなくてはいけません。

この状態がBluetoothがOFFになっている状態です。
Bluetoothのマークに斜線が入っていて背景が透明になっていますね。

 

コントロールセンターからできるのは、Blurtoothを接続したり切ったりできるだけで、BluetoothのON/OFFの操作はできません

AirPodsを使用しないときは、BluetoothをOFFにしないと充電を消費していくのですが、BluetoothのON/OFFの設定をするのに、ホーム>設定>Bluetooth>OFFとしていかなくてはなりません。

これが結構面倒くさい。繰り返しているとだんだん嫌になってきます。

 

しかし、この面倒くさい作業がアップデートで改善されました。

設定アイコンを強めに長押しすると3Dタッチ機能で、Bluetooth/Wi-Fi/バッテリーなどの項目が出てきます。
Bluetoothの項目をタップすると一瞬で設定画面にジャンプします。

この機能本当に便利で、Blyetoothの接続画面に一瞬で飛べるのはAirPods専用アップデートと言ってもいいでしょう!

 

コタロウ
コタロウ
このアップデートは本当に激アツだよ!

 

【タップ機能の改善】左右のAirPodsで別のダブルタップ操作を実現

以前からあった『ダブルタップ』の機能ですが、iOS11のアップデートでAirPodsは左右で別のダブルタップ操作を設定できるようになりました。

左と右で別々のダブルタップ操作をできるようになったAirPodsですが、4つの操作の中から自分で選んで設定することができます。

  • Siri
  • 再生/一時停止
  • 次のトラック
  • 前のトラック

この中から選らんで設定することができます。

コタロウ
コタロウ
ぼくは左が再生/一時停止で、右がSiriにしてるよ!

AirPodsの片方を外せば再生/一時停止ができるのになぜ再生/一時停止の設定をしているかですが、左耳のAirPodsだけ装着していれば、音楽の再生/一時停止ができるからです。

方耳空けておきたいときにこの機能は便利です。

 

設定方法はコチラ。

iPhoneとAirPodsをペアリングした状態で、ホーム>設定>Bluetooth>AirPodsから設定できます。

 

ここは、自分の使いやすいように設定するのがいいでしょう!
色々試してみましょう!

 

AirPodsの連続再生時間は5時間だけど1週間充電しなくても使える

AirPodsは最大5時間の再生、最大2時間の連続通話が可能です。

これだけだと、「え、あんまり使えないじゃん」と思うかもしれませんがご安心ください。

このAirPodsのケースですが、モバイルバッテリー搭載で、ケースに入れるとAirPodsが充電できます。

15分の充電で3時間の再生、1時間の通話が可能です。

AirPodsのケースを充電満タンにしておけば、1週間は再充電する必要がないでしょう。

コタロウ
コタロウ
ケースに入れるだけで充電できる
ってとこが便利だよね!
アン
アン
そうね!
ワイヤレスイヤホンは充電切れが課題だからね!
コタロウ
コタロウ
小さくて軽くて荷物にならない。
アクセサリーも充実してるよ!

ちなみに、AirPodsの充電はiPhoneを充電する充電ケーブルと一緒です。
AirPods購入時に1本ついてきます。

 

こいつを、

こう!(笑)

 

AirPodsの充電残量を簡単にチェック!

AirPodsの充電の残量を確認する方法は2つあります。

 

1つは、AirPodsをケースに入れた状態でiPhoneの前でケースの蓋を開きます。

このように画面にケースとAirPodsそれぞれの充電の残量が表示されます。

 

 

もう1つの方法ですが、こっちがオススメです。

ホーム画面から左にスライドして、

この検索できる画面にスライドします。

丸い編集ボタンを押して、カテゴリーの中から『バッテリー』の+ボタンをクリック。

すると、

このように充電の残量がわかります。

ケースはiPhoneの近くで蓋を開けていた場合のみ充電の残量が表示されます。

AirPodsは耳に装着した状態で充電の残量を確認できます。

 

充電の残量を確認する場合はどちらの方法を使うにしてもBluetoothをONにしておく必要があります。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

ここがAirPodsの弱点。デメリットもきちんと理解しておこう。

AirPodsの悪い点(デメリット)も紹介していきます。

コタロウ
コタロウ
個人の意見がかなり大きく
反映されています。
  • 小さすぎぃぃぃぃ
  • 音量調整ができない
  • 周りの音聞こえない

の3つになります。

 

まず、小さすぎぃぃぃについてですが、AirPodsとケースどちらも小さいですのでなくしやすいです

まだ完全に無くしたことはないですが、バッグの中に入れていたAirPodsが消えて家中を血眼で探したが見つからず絶望していたらバッグの中から出てきたことはあります。

ポケットのないバッグに入れるとほぼ100%バッグの中で迷子です。(笑)

これはAirPodsというよりワイヤレスイヤホン全体に当てはまります。

 

次に音量調整ですが、AirPodsで音量調整は出来ません

iPhoneでしなくてはいけません。

機能が便利になりすぎて音量調整が出来ないことに不満を感じてしまう贅沢病が発病しています。(笑)

2018年か2019年に音量調節できるようにグレードアップしたAirPodsが発売されるかもという噂があります。

 

最後に周りの音が聞こえない問題です。

AirPodsで音楽を聴いていると喋りかけられても聞こえません。

これはAirPodsというよりイヤホン全般の問題です。

しかし、通常のケーブル付きのイヤホンなら音楽を聴いていると分かるのですが、AirPodsは相手に見えない場合もあります
女性の人は髪の毛で耳が隠れたりしていると見えません。

喋りかけてくれた相手の機嫌を損ねてしまう可能性がありますので気をつけましょう。

 

AirPodsは大音量で音楽を聴いていると若干の音漏れがあるようなので、公共の交通機関などを利用される際は爆音で聞かないように気をつけましょう。

 

AirPodsの機能まとめ

今回紹介した機能と以前からできる機能をまとめました。

ハンズフリーでできる機能とそうではないものを分けて紹介します。

コタロウ
コタロウ
ここをチェックしていれば間違いないね!
アン
アン
あなた好みのAirPodsに仕上げましょう!

 

ハンズフリーで出来る機能

  • 音楽の再生/一時停止
  • 動画の再生/一時停止
  • 次のトラック/前のトラック
  • 電話をかける
  • 電話に出る
  • Siri

音楽の再生/一時停止はもちろん、設定によっては次の曲や前の曲に飛ばせます。

かかってきた電話に出ることもでき、Siriを使えば電話をかけることも可能です!

 

ハンズフリーじゃないけど便利な機能

  • コントロールセンターからの切り替え

コントロールセンターからBluetoothのON/OFFができるようになったので、無駄な充電の消費削減にプラス接続もしやすくなっています。

AirPodsを頻繁に使う人にはかなり嬉しい機能です。

 

  • ボイス入力

LINEやTwitter、メモなど文章を打ってるときに打つのが面倒くさい時ありませんか?

そういう時は、ボイス入力が意外と便利です。

AirPodsをマイクとして音声入力していけますので興味のある人は利用してみてください。

ボイス入力を使うときは人がいない場所でやりましょう。
傍から見ると1人でし喋っている人になりますので。

 

スポンサーリンク

 

AirPodsの音質が悪い。て言う人全員絶対音感の持ち主

AirPodsの音質が悪いから買うな!というような記事を見かけますが皆さん絶対音感持たれてるんですかね?(笑)

AirPodsを使っていて音質が悪いと感じたことないし、低音もしっかりしていて不満はありません。

音質を比べたランキングで5位くらいなのは仕方ないですが、音質が悪いことはないです。

むしろ、音質良いと思っています。

 

iPhoneから直接音楽を流したり動画を見るよりは綺麗に聞こえますし、iPhoneに付属しているapple純正のイヤホンと音質はかわりません。

apple純正のイヤホンで普段音楽を聴いている人はAirPodsで確実に満足できます。

 

買うか買わないか迷っているのが時間の無駄

買うか買わないか迷っているのは時間の無駄なのですぐに買いしょう。

普通の耳なら音質も全く問題ないですし、プロの歌手のやミュージシャンの人が使っているんだからあなたの耳で満足できないわけがありません。

絶対音感をお持ちの人や、イヤホンの音質に死ぬほどこだわっている方はやめておきましょう。(笑)

 

iPhoneを使っているのであれば、使い勝手の良さは感動できるレベルですので迷っている人はすぐに買いましょう。