お役立ち情報

自動車保険高すぎぃぃぃぃ!安くする方法と自分に合った保障の探し方

コタロウ
コタロウ
さぁ!やってきました!
自動車保険の更新時期!
アン
アン
もうそんな時期なのね!
コタロウ
コタロウ
僕の諭吉がぁ~。

 

自動車保険の更新時期になるとコタロウと同じようにお財布が寂しくなる~。

という方も少なくないのではないでしょうか?

 

高すぎる自動車保険の見直しと、

自分の今の年齢、等級、車種での相場

勉強していきましょう!

 

自動車保険って高すぎない?

自動車保険を高すぎる!と思っている人も少なくないのではないでしょうか?

若いうちは保険料が高く、年齢を重ねれば安くなっていくのが自動車保険です。

コタロウ
コタロウ
若いうちがお金ないのに高いんだね。(泣)
アン
アン
若い人のほうが事故を起こす確立が高いからだそうよ。

 

自動車保険が高くなる理由としては、

  • 自動車保険を使う
  • ゴールド免許ではなくなる
  • 補償される範囲が拡大する
  • 自動車事故の多い車種に乗る

などがあげられますが、やはり年齢や等級、車種によるものが大きくなっています。

 

年齢と等級は低ければ低いほど自動車保険の保険料は高くなり、

車種はスポーツカーや高級車が保険料が高くなっています。

スポーツカーはスピードが出すぎるので事故の可能性が高く、高級車は事故時の修理費用が高いため一般者と比べて保険料が割高になるそうです。

スポンサーリンク

自動車保険を安くするには?自動車保険のタイプを知ろう!

自動車保険を安くするためには、

  1. 代理店型 自動車保険
  2. ダイレクト型 自動車保険

この2つの自動車保険のパターンを理解する必要があります。

 

先に結果を言ってしまえば、安くなったり得をするのはダイレクト自動車保険です。

代理店型自動車保険に入っている人が、ダイレクト自動車保険に乗り換えると平均で25,000円程安くなると言われています。

ダイレクト自動車保険で見積もりを出す
 

代理店型自動車保険のメリット・デメリット

代理店型自動車保険とは、代理店の担当者が販売する自動車保険のことです。

代理店という名の通り代理販売しているもので、代理店を通しての契約になります。

 

メリットは、代理店の人と面会してからの契約になりますので安心感があることです

しかし、勘違いしてはいけないのが、代理店の人は保険会社の人では無いので事故を起こしてもほとんどの場合動いてくれません。

代理店型は地域に密着している場合が多いので、親が入ってて子どもの自分が自動車保険に入るときも一緒に入ってしまう。といったケースが多いです。

 

一方でデメリットは、中間手数料が発生してしまうので保険料が割高になることです

保険会社と直接契約を結ぶわけではなく、代理店を通して契約することになりますので、代理店に支払うコストが発生します。

 

ダイレクト型(通販型)自動車保険のメリットデメリット

ダイレクト自動車保険は、通販型自動車保険とも言われ、web上で保険会社と直接契約するかたちになります。

 

メリットは、

  1. 保険料が安い
  2. 加入が簡単
  3. 専門スタッフにアドバイスも貰える
  4. 事故の対応は直接やりとりできる

この4つになります。

価格面については、代理店型からダイレクト自動車保険に乗り換えると平均で25,000円程得するという調査結果があります。

 

デメリットは、自動車保険の知識が全く無いと安すぎる価格に目がいってしまい、自分の欲しい保障内容のプランから逸れてしまうことです。

保険料も大事ですが、内容が一番大事ですので内容を疎かにしないようにしましょう。

 

ダイレクト自動車保険だと事故の時大丈夫なの?

と思ってしまうかもしれませんが、全く問題ありません。

こんなCM見たことありませんか?

 

このCMはダイレクト自動車保険の『イーデザイン損保』という会社のCMです。

ダイレクト自動車保険は受付センターのオペレーターさんが24時間対応してくれます。

 

解決までのフルバージョンCMはコチラ。

 

 

スポンサーリンク

保険料の相場を知ろう

保険料は、年齢や等級、車種、保険内容で大きく変わってきます。

なので1社で見積もっただけでは、その保険料が自分の求めている保険内容の適し金額なのか分かりません。

 

同じ内容で、

だった場合B社で契約したいですよね?

 

複数の保険会社で見積もりを出すことで、一番安い価格と相場を導き出すことができます。

 

一括見積もりで最大○○社の保険料を比較

自動車保険の保険料の最安値を出す場合は、複数の保険会社で見積もりを出すことが必要ということが理解できましたか?

ダイレクト自動車保険で、保険会社を決めるポイントは、

この組み合わせの内容の保険会社を探していきます。

 

そのためには、複数の保険会社の見積もりを出すことが必要になってきますよね?

 

そういう時は、自動車保険の一括見積もりを利用しましょう。

保険スクエアbang!を使って見積もりを出すのがおすすめです。

保険スクエアbang!の一括見積もりは無料で、最大で17社の見積もりを一括で出すことができます。

 

代理店で自動車保険を契約している人も、

次回の自分の契約時に保険料がいくらくらいになるのか

を知ることができますので一括見積もりしておくのがおすすめです!

一括見積もりのおすすめポイント!
  1. 無料で見積もりできる
  2. 最大17社を3分の入力作業で見積もり
  3. 最安値の保険会社が一目でが分かる

保険スクエアbang!
 

 

まとめ

自動車保険は、ダイレクト自動車保険で間違いないでしょう。

価格も安く、対応もしっかりしています。

人と会わずに契約するのは不安・・・。と感じられる方もいらっしゃるかもしれません。

でも、あなたが事故を起こした時に代理店の人はかけつけてくれません。

 

ダイレクト自動車保険に入る気が無くても、一括見積もりはタダですので自分の車の自動車保険の相場を知っておくと、代理店さんとお話するときに価格交渉ができるかもしれません。

 

自動車保険は事故を起こした時に保険会社の実力が試されますが、いつ起こるか分からない事故に毎年多額な保険料を払っていくのはお財布にも優しくないので、ダイレクト自動車保険に乗り換えるのがおすすめです。

 

17社を一括見積もり
 

おまけ 自動車保険の人気ランキング