ペット

ペット保険は必要。ペットを飼ってる人は全員見てほしい。

最近はこういう人が増えてきていて

心配になったので、

ペット保険についてお話します。

この記事を読んで分かること
  1. ペット保管は必要なのか
  2. ペット保険の重要性
  3. ペット保険の選び方

ペット保険の重要性

うちはフレンチブルドッグが2匹いますが

2匹ともペット保険に加入しています。

今はペット保険に加入しておらず、

加入すべきかどうか迷っている人が

たくさんいらっしゃいます。

ペット保険は絶対に入っておくべきです。

「ペット保険に加入する必要はない!」

というようなページを見かけますが、

内容を見ると考え甘くない??

と思ってしまうものばかり。

そういう記事の内容はだいたいこうなっています。

  1. 必要かどうか比較してみた
  2. 生涯の保険代算出
  3. 安い治療費の算出
  4. ほら?治療費のが安いでしょ?
    保険に入ると損ですよ?

こういう流れになっています。

確かに、保険代は生涯でかかる値段を計算すと高い。

でも、生涯で病気に1回しかならない計算も、

安い治療費を例に出して計算してるのも、

考え甘すぎます。適当すぎです。

あなたは、生きていくうちで入院1回しかしませんか?

ガンに1回かかったら必ず完治せずに死にますか?

もし完治したら再発しませんか?

誰にも分かりませんよね?

それを、自分は関係ないから。と、

「保険は入ると高いから、病気になった時に100%払ったほうがいいですよ~!」

と。

もし、すごく重い病気にかかった時に

治療費払えなかったらどうするんだ。

もしもの時のための保険です。

保険に入るなら5歳以降でいいですよ~。

とか、

そんな思い病気には中々なりませんからね。

とか、

4歳でガンになったらどうしますか?もうその時には保険に入れませんよ?

保険に入っているつもりで貯金していれば問題ない。とか、

貯金は三角、保険は四角です。

意味を知らない人はググってください。

ーペット保険とはー

何かあったときにペットに

最善の治療をしてあげれるように

入っておくのが保険です。

【比較】ペット保険に加入するならどの会社がおすすめ?

ペット保険に入る際にどの会社がおすすめか。

正直おすすのペット保険めはありません。

ペット保険は、

保険の仕組みや内容、金額を理解したうえで、あなたが求める保険内容に見合うかどうか

で探すことになります。

ペットの種類が犬・猫・うさぎ・鳥など様々。

犬の中でもフレンチブルドッグやトイプードル、

チワワやダックスなど様々。

動物の種類がなにかも分からずにおすすめすることはできません。

なので、人気の保険は後ほど紹介しますが、

あなたに人気ランキング1位のペット保険が

適しているかどうかは、

ご自身で判断することになります。

ちなみに我が家のフレンチブルドッグは、

アニコムのペット保険に加入しています。

ペット保険の選び方

では、ペット保険の選び方ですが、

ペット保険会社を比較していくしかありません。

【ペット保険 比較】で検索しても、

あなたのペットの種類や求める条件では

比較できていません。

なので、

あなたペットの条件に合うペット保険を探さないといけません。

ペット保険を取り扱う会社は数十社あります。

その全ての会社で見積もりを出すのは大変です。

そこで利用してほしいのが、

ペット保険の一括資料請求です。

いきなり見積もりを出してしまうと、価格で安いほうに流されてしまいがちです。

しっかりと保険内容を把握することが大事です。

なので、まずは資料請求しましょう。

資料の一括請求は、

保険スクエアbangのペット保険

がおすすめです。

無料で資料請求できます。

保険スクエアbang! ペット保険
資料請求をし、

  1. 納得できる保険内容の会社を探す
  2. 金額が許容範囲内かどうかを確認

この順番で、保険会社を選んでいきましょう。

まとめ

ペット保険の重要性と、

ペット保険の選び方を

紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

ペット保険に入っていない人も多く、

入るかどうか迷われている人も多いので

今回この記事を書きました。

うちの場合は犬ですが、ペットは、

愛する家族の一員であることは間違いないですよね?

愛する家族の一員になにかあったときに後悔しないためにも、必ず保険には入っておいてほしいです。

この記事が少しでも多くの人に読んでいただけたらと思います。

この記事が良かったと少しでも思っていただけたら

↓のSNSボタンから拡散していただけたら幸いです。